医院名:仙台消化器・内視鏡内科クリニック 住所:〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15-2 1F 電話番号:022-343-8696

ブログ

 
2019.07.08

2019年6月の内視鏡件数


2019年6月の内視鏡検査件数は

総数 454件でした。

上部内視鏡(胃カメラ)  ➡297件
下部内視鏡(大腸カメラ) ➡157件
そのうち日帰り大腸ポリープ切除術   ➡57件

6月からは仙台市の胃カメラ検診も始まり、多数の患者さんに来院頂きました。

すでに早期胃がんが1つ、検診胃カメラで発見できました。

7月も当院の内視鏡検査の枠には、まだ余裕があります

来院から検査までお待たせすることはありません。 

2019.07.02

内視鏡アンケートを集計しました(2019年6月分)

6月に内視鏡検査を受けていただいた患者様からのアンケートを集計しました。

【アンケート集計】(6/1~6/30分) 335人分
97%の患者さんが「苦しくなかった」「気にならなかった」との回答でした。
苦しくなかった・気にはならなかった→ 324人
少し苦しかった→ 5人
苦しかった→0人
回答なし→ 6人

【喜んで頂いた声】※原文のままです
☆私は仙台市在住ではありません。インターネットで検索してこちらに来ましたが、こんなにいい病院は生きてきて初めてでした。

☆スタッフの方が親切で安心して受けられました。女性一人でも問題なく、勇気を出して受けたほうがいいと思います。

☆こちらを受診して胃カメラ・大腸カメラのハードルが下がりました。早期発見で本人・家族がつらい思いをしないよう考えられたにクリニック、とてもとても素晴らしいです。

☆便日がちで仙台市の検便検査が受けられなかったので大腸カメラを受けました。また検査を受けに来たいです。


【改善すべき点のご指摘】
★レディースデイだと思っていたら男の人がいてびっくりしました。(診察はあるのですね)
→【スタッフからの回答】
現在当院では、毎週木曜日を検査のみ女性専用のレディースデイとしております。そのため、処置室には女性の患者さましかいらっしゃいませんが、待合室は診察にいらした男性の患者さまもいらっしゃいます。ご理解のほどお願いいたします。

★胃カメラの前に飲んだ薬が飲みにくかった。
→【スタッフからの回答】
胃カメラの前に、検査をしやすくするために消泡剤を内服して頂いております。飲みにくい味でありますが、現在使用しているものはバナナの香りが付いておりいくらか飲みやすいよう改良されております。検査に必要な薬ですのでご理解をお願いいたします。

★待ち時間に読める雑誌を増やしてほしい。
→【スタッフからの回答】
腸管洗浄剤を内服するスペースに雑誌を置いております。少しずつですが、雑誌数も増えております。ご自由にお使いください。また、雑誌の種類のご希望等ありましたら、ぜひスタッフへお声がけください。参考にさせていただきます。


今後も皆様のご意見を参考に、スタッフ一同業務の改善に努めていきたいと思います。

2019.06.26

胃がん検診開始!

先週より仙台市の胃がん検診がスタートしております。

当院でもたくさんの問い合わせを頂いております。検診の胃カメラは鎮静剤は使用できませんが、経口・経鼻とも選択可能です。胃カメラの前後で診察がありますので、検診といっても医師から詳しい説明を受けられます。他の症状などで気になることがあれば、診察の際に医師に相談して頂くことも可能です。

検診のご予約はWebもしくは電話でできますので、気になる方は是非受診ください。

2019.06.19

内視鏡検査アンケートを集計しました(2019年5月分)

5月に内視鏡検査を受けていただいた患者様からのアンケートを集計しました。

 

【アンケート集計】(5/7~5/31分) 344人分
95%の患者さんが「苦しくなかった」「気にならなかった」との回答でした。
苦しくなかった・気にはならなかった→ 328人
少し苦しかった→ 6人
苦しかった→ 0人
回答なし→ 10人

【喜んで頂いた声】※原文のままです
☆皆さんの口コミ通りに安心して受診することができました。

☆思った以上に苦しくなく、検査中モニターを見ながらできてよかった。

☆5月7日の病院見学会で好印象があり、近くで受けられる病院を探していたので良かったです。スムーズにでき、本当に良かったと思います。

☆検査を受けたことのある友人から苦しいと聞いていたのでずっと検査をためらっていたが、ある友人から「ここは苦しくないよ」と聞き恐る恐る行ってみたら本当に苦しくなくてびっくりしました。施設はカフェみたいにきれいですごく驚きました。

☆検査中体をさすってもらって説明してもらえてとてもよかったです。


【改善すべき点のご指摘】
★下剤を時間かけて飲むのがつらかった。
→《スタッフからの回答》
大腸検査時に内服いただく腸管洗浄剤の多くは2Lほど内服していただく必要があります。当院では200mlあたり10分程度の時間をかけ内服していただいておりますが、これくらいの時間をかけて内服する方法が薬剤の効果がでやすいと言われております。一気に内服してしまうと吐き気や腹痛などの腹部症状がでる可能性もありますので、ご理解いただけますようお願いいたします。

★待ち時間が少し長かった。
→《スタッフからの回答》
大腸検査は腸管洗浄剤を内服し便がきれいになった方から順番に行わせていただいております。医師も複数名勤務しておりますが、診察も行いながらの検査となっておりますので、お待ちいただく時間もあります。4月からは毎週水・金曜日は医師3名体制で診療を行っておりますので、待ち時間もいくらか少なくなっております。患者様をお待たせしないよう、さらなる業務改善に努めていきますのでご理解いただけますようお願いいたします。

また外来の順番予約についてです。現在、曜日によっては時間指定の予約ではない患者さんには1-2時間の待ち時間が発生しています。当院では院内でお待ち頂かなくてもいいようにwebでも順番予約が取れます。Webで順番予約をして頂き、順番が近づいてきたら来院頂くという選択肢もあります。ぜひともご活用下さい。

今後も皆様のご意見を参考に、スタッフ一同業務の改善に努めていきたいと思います。

 

今週から仙台市の胃がん健診もスタートしております。連日多くの問い合わせをいただいておりますので、気になる方は早めにご連絡ください。

2019.06.18

募金箱設置しました

みなさん、日本に介助犬がどれくらいいるかご存じですか?

介助犬は手足に障がいがある方を手助けするために特別な訓練を受けた犬で、日本で介助犬が誕生したのは、今から20年以上前の1992年。現在約15000名を超える方が介助犬を必要といますが、実際に認定を受けた介助犬は2018年10月現在66頭しかいません。盲導犬が約950頭いるのと比べると介助犬はあきらかに不足しています。盲導犬同様、介助犬の育成は非常に難しく時間がかかります。それに伴い多くの育成費用が必要となります。

当院では介助犬育成に協力しようと、募金箱を設置しました。この募金箱の介助犬、口に携帯電話をくわえているんですよ。気になる方は見てみてください✫

仙台市の胃がん健診も始まりました。当院ではまだまだ胃カメラ・大腸カメラとも検査対応可能です。気になる症状がある方、ぜひ一度受診してみてください。

2019.06.03

2019年5月の内視鏡件数


2019年5月の内視鏡検査件数は

総数 404件でした。

上部内視鏡(胃カメラ)  ➡243件
下部内視鏡(大腸カメラ) ➡116件
日帰り大腸ポリープ切除術   ➡45件

5月も多数の患者さんに来院頂きました。

ありがとうございました。

4月からは水曜日・金曜日は医師3人体制で診療しております。

また当院の内視鏡検査の枠には、まだ余裕がありますので

来院から検査までお待たせすることはありません。 

2019.05.30

エコキャップ活動

今月も多くの方にご来院いただきありがとうございます。

当院では大腸検査の際にペットボトルの水やお茶をお持ちいただいております。患者様が飲んで空になったペットボトルを回収する際のキャップを集め、エコキャップ活動に取り組みました。

エコキャップ活動という言葉を聞いたことがありますか?

この活動は、「ペットボトルのキャップを集めて世界中の子どもにワクチンを届けよう」という活動です。そしてこの活動は障がいを持った方々の就労支援にも繋がっているそうです。

 

私たちが何気なく使い、捨てているペットボトルキャップにこのような使い道があるのですね。

この活動に参加できたのも、当院でたくさんの方々が大腸検査を受けてくださったおかげです。

ありがとうございました。

2019.05.14

オットマン導入しました

 

 

 

 

 

 

今まで内視鏡アンケートで「下剤を飲む部屋にフットレストがあるといいと思う。」「足を延ばせると楽。」などと意見をいただいておりました。今回、すべての下剤を内服するお部屋に足を置いていただけるオットマン(足置き)を導入しました。椅子の下に収納できるようになっておりますので、必要な方はぜひお使いください。

 

これからも皆様のご意見を参考に、大腸内視鏡検査を受ける方が快適に院内でお過ごしいただけるよう、改善に努めていきます。ご意見をお待ちしております。

2019.05.09

病院見学会を実施しました☆

ゴールデンウィーク最終日の5月6日、病院見学会を実施しました。

院長の講演だけでなく、胃カメラ・大腸カメラを受けたことがないけど気になっている…という方々も来院いただき、当院の検査の流れや院内の設備を見ていただきました。午後からはあいにくの天気でしたが、80名を超えるたくさんの方に来ていただき、ありがとうございました。

当院の掲げる「胃がん・大腸がんでなくなる方をゼロにするため」に向けて今後も邁進してまいります。

お困りのことや心配なことがありましたら、ぜひ一度診察にいらしてください☆

2019.05.08

内視鏡アンケートを集計しました(2019年4月分)


4月に内視鏡検査を受けていただいた患者様からのアンケートを集計しました。

 

【アンケート集計】(4/1~4/26分) 301人分
99%の患者さんが「苦しくなかった」「気にならなかった」との回答でした。
苦しくなかった・気にはならなかった→ 297人
少し苦しかった→ 0人
苦しかった→ 0人
回答なし→ 4人

 

【喜んで頂いた声】※原文のままです
☆父が先日お世話になり、まったく痛みがないからお勧めだと聞き、思い切って受診しましたが、全く不安のない胃カメラでした。

☆みんなやさしい、外国人でも安心できる。

☆他院では一か月先しか予約取れなかったので、予約がすぐにとれてびっくりでした。

☆大腸カメラの際、とくに希望しなくても女性の医師が来てくれ、ありがたく感じました。

☆看護師さんの声掛けも優しく、「いつも気にかけていただいているんだな。」という安心感がありました。

☆web問診→受診できるのは時間短縮でき、胃カメラを受診したその日のうちにしてもらえるのは大変助かりました。(何度も伺うことは大変なので)

 

【改善すべき点のご指摘】
★持参物(あったらいいもの)がチェックリストになっているとわかりやすいと思いました。
→《スタッフからの回答》
現在検査の予約をさせていただく際に、持ち物の説明をさせていただいております。持ち物やお持ちいただくと便利な物のチェックリストも現在作成中です。

★下剤を内服する部屋にフットレストがあるといいと思う。
→《スタッフからの回答》
個室にそれぞれ設置できるフットレストを現在発注中です。設置できましたらご報告させていただきます。大腸検査で来院される方は、院内で過ごしていただく時間が長くなるため、快適に過ごしていただけるよう努めていきます。

★下剤内服後に排便が多く、お尻が痛くなったので塗り薬があると嬉しい。
→《スタッフからの回答》
塗り薬などは医師の処方が必要となることと、衛生面を考えご用意しておりません。結果説明の際に医師にお話ししていただけますと処方をすることも可能ですので、気になる際は医師へお話しください。

今後も皆様のご意見を参考に、スタッフ一同業務の改善に努めていきたいと思います。

1 2 3 4 5