医院名:仙台消化器・内視鏡内科クリニック 住所:〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15-2 1F 電話番号:022-343-8696

血便・下血

 

【血便・下血でお困りですか?】

 

おしりから血が出たことはありませんか?
  • 排便時に鮮血が出る
  • 胸のムカムカ
  • 排便時にワイン色の便や、黒い便が出る
  • 便に血液が混じっている
  • いつもティッシュに血がつく
このような症状にお困りではないですか?
  • 慢性的に下痢である
  • 腹痛を繰り返す
  • みぞおちが痛い
  • 悪心、嘔吐
  • 腹部膨満感

これらの症状が現れているにも関わらず、医師の診察を受けずに放置することは危険です。血便や下血は、後述する重篤な疾患の症状として起こることが多くあり、それらの疾患は生命の危険を招くものもあります。また、下血による出血が多い場合、ショック状態に陥ることも考えられます。

【血便や下血の原因】

血便や下血の原因としては、下記の疾患が考えられます。
  • 感染性大腸炎
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 虚血性大腸炎
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 大腸憩室出血
  • メッケル憩室
  • 腸重積症
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍 など

これらの疾患の中には非常に重篤なものもあり、血便や下血はそれらの疾患に罹患していることを知らせる「サイン」でもあります。血便や下血を確認した際には、できる限り早く消化器内科を受診し、場合によっては大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。

【血便の種類】

血便と一言にいっても、出血の量や異常がある臓器の違いによって、様々な種類があります。自分の便がどのような状態にあるかを把握し、病院での診察時に伝えることができるようにしましょう。

血便の種類 見た目 考えられる疾患
鮮血便 鮮やかな赤色の便 直腸がん、直腸ポリープ、痔、裂肛など
暗赤色便 黒く濁った赤色の便 大腸憩室出血、大腸炎、メッケル憩室、小腸潰瘍など
黒色便 真っ黒な便 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、小腸潰瘍、小腸腫瘍など
粘血便 粘液と血液が混ざった便 炎症性腸疾患、アメーバ腸炎など

※これらは代表的な疾患であり、他の疾患の可能性もあります。

【血便・下血が認められた時はすぐに病院へ】

日帰り大腸ポリープ切除繰り返しになりますが、血便や下血は重篤な疾患に罹患していることを知らせる「サイン」です。「これぐらい大丈夫だろう」、「もう少し様子をみよう」といった考え方は、極めて危険です。特に血便に関しては、便の状態をみるだけで体の異常を判断することは難しく、大腸内視鏡検査をする必要があります。血便・下血の症状が出た際には、必ず病院に掛かり、大腸内視鏡検査を受けるようにしましょう。

 

【仙台消化器・内視鏡内科クリニックの血便・下血外来】

当院は内視鏡検査に特化したクリニックであり、大腸内視鏡検査にも力を入れています。血便・下血は特に大腸内視鏡検査が必要となる症状であるため、当院では血便・下血を訴えて受診する患者さんも非常に多いです。そのため、血便・下血外来にも勿論力を入れて取り組んでおり、重篤な疾患を早期発見、早期治療できるよう心掛けています。少しでも血便・下血の症状がある方や、不安な気持ちを抱えていらっしゃる方は、ぜひ当院にてご相談下さい。