内視鏡検査

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは、先端にカメラを内蔵した直径約1cmの細長いスコープを口や鼻、肛門から挿入し、食道、胃、十二指腸や大腸の患部を直接観察する検査です。時に患部の組織を採取したり、止血することも可能です。一般的に内視鏡検査というと「胃内視鏡検査」を想像する方が多いかも知れませんが、観察する病変の種類や場所により胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、食道鏡、十二指腸ファイバースコープといったように検査の方法が異なります。
最近では、医療機器や技術の発達により高画質のカメラや細いスコープを用いた検査など、より正確で患者様の負担が少ない内視鏡検査が行われるようになってきました。当院では、胃内視鏡検査と大腸内視鏡検査を実施しています。最先端内視鏡検査機器を用いて高い精度の検査をご提供しております。

内視鏡検査で分かること

内視鏡検査では、食道、胃、十二指腸、大腸の疾患を発見することができます。
その中でも特に「がん」の早期発見に非常に有効です。食道癌や胃癌、大腸癌は死亡率が高い一方で、初期には自覚症状がないことがほとんどです。 腹痛や便通異常などの症状も放置せずに内視鏡検査を受けて早期発見の機会をつくることが大切です。また、血縁者にがんを発症した人がいる方は、通常と比べ特定のがんの発症する確率が高くなります。
「血縁者に若くしてがんになられた方がいる」「家系内に特定のがんが多く発生している」という方は定期的に検査を受けることをお勧めします。

食道癌

食道癌とは、食道の粘膜に発生する悪性腫瘍のことを言います。初期段階では食道の粘膜の表面に発症しますが、食道は胃や大腸などの他の臓器に比べ粘膜が薄いため、早期にリンパ節を介して他の臓器へ転移してしまう可能性が高いと言われています。そのため早期発見が非常に重要です。「飲食の際に胸に違和感がある」「急な体重減少があった」など胸のあたりに少しでも気になる症状を感じたら、すぐに医療機関の受診をご検討ください。

胃癌

胃癌とは胃壁に発生する悪性腫瘍のことを言います。初期症状が分かりづらいため、気づかないうちに進行している事も多い病気です。国立がん研究センターによると、胃癌は日本において3番目に罹患者の多いがんです。早期発見・早期治療で完治を目指せる病気ですので、「みぞおちの辺りに痛みを感じる」「黒い便がでる」といった症状を感じた際は、すぐに医療機関の受診をご検討ください。

大腸癌

大腸癌は、大腸の粘膜に発生する悪性腫瘍のことを言います。日本人の場合は大腸の中でも直腸やS状結腸に大腸癌が発生しやすいと言われています。大腸癌も初期症状が分かりづらいため気づかないうちに進行して大腸壁の奥まで入り込み、リンパ節を介して他の臓器に転移してしまう可能性があります。近年では、食生活の欧米化や高齢化により、大腸癌の罹患数は年々増加しています。定期的に大腸の検査を行い早期発見・早期治療をすることが大切です。

その他にも内視鏡検査で以下のような疾患を発見することができます。

食道の病気
  • 逆流性食道炎
  • ・食道静脈瘤
胃の病気
  • 慢性胃炎
  • 急性胃炎
  • 胃腺腫
  • 胃ポリープ
  • ピロリ菌
大腸の病気
  • 大腸ポリープ
  • クローン病
  • 過敏性腸症候群
  • 虫垂炎

※上記の病気はあくまでも内視鏡検査で発見できる病気の一例です。

内視鏡検査の必要性

内視鏡検査の目的は大きく2つあると考えられます。

①病気の早期発見の為の内視鏡検査

内視鏡検査では臓器の表面を覆う粘膜の異常を発見することができます。臓器内を直接観察できるので非常に正確性が高く、必要があれば組織の一部を採取し、更に詳しい検査にまわすことが出来ます。

②病気の治療としての内視鏡検査

内視鏡検査は患部を観察し、病変をみつけるだけではなくポリープや微小ながんを見つけてその部分を切除したり、患部が出血している場合は止血することが可能です。ポリープには、将来癌化する可能性のあるポリープと、癌化しない良性ポリープとがあります。 症状が無くとも内視鏡検査によってこのポリープを発見・切除することによって、将来の癌の発生や癌による死亡率を大幅に減らすことができます。

このように内視鏡検査は患部を直接観察して処置出来ることから、病気の早期発見から治療にまで大きな役割を果たしています。特に罹患率が高く、リスクのある癌の早期発見には非常に大きく貢献しています。

内視鏡検査の受診率の現状

上記で示したように、病気の早期発見に非常に有効な内視鏡検査ですが、その一方で受診率が低いという現状があります。特に日本の検診受診率は国際的にも低く、大手内視鏡機器メーカーであるオリンパスが行った調査によると、40〜60代の約半分の方は内視鏡検査による胃癌検診を受けたことがないと回答しています。

※オリンパス 胃・大腸癌検診と内視鏡検査に関する意識調査白書2021より引用

近年では、新型コロナウイルスの影響で更にがん検診受診者の数が減少し、社会的課題にもなっています。検査を受けないことで病気の発見数が大幅に減少してしまいます。
内視鏡検査で早期発見を望める癌には、ほとんどの場合初期症状がありません。受診を後回しにしていると病状がかなり進行してしまう可能性があります。自分のためにも、家族のためにも、定期的に検査を受ける事が大切です。

内視鏡検査は痛い?苦しい?

内視鏡検査にどのようなイメージをお持ちですか?「痛そう」「苦しそう」といったイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。通常の内視鏡検査は口や、鼻、肛門からスコープを入れる際に痛みや不快感を感じる事があります。その為、一度通常の内視鏡検査を受け、その痛みや不快感から定期的な検査を断念したり、ネガティブな口コミをみて検査に踏み出せないという方がいる事も事実です。しかし、この「痛い」「苦しい」は『鎮静剤の使用』によって、解決することができます。

鎮静剤を使用して「痛い」「苦しい」が解決できる理由~

鎮静剤を使用するとウトウトと眠った状態で検査を受ける事が出来ます。患者様の苦痛を軽減して検査することが可能です。また、鎮静剤により患者様の喉や体の力が抜けると内視鏡スコープの挿入や観察自体をスムーズに行う事が出来るため、検査の品質向上という面でもメリットがあります。当院では、患者様のご希望に沿う形で鎮静剤を使用しております。リラックスした状態で検査を受けていただく事ができますので、内視鏡検査に対して恐怖心があるという方もお気軽にご相談ください。

内視鏡検査の費用

胃内視鏡検査

検査(治療)内容 1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ検査のみ 約1,500円 約3,000円 約4,500円
胃カメラ検査
病理組織検査
約3,000円 約6,000円 約9,000円

大腸内視鏡検査

検査(治療)内容 1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ検査のみ 約2,500円 約5,000円 約7,500円
大腸カメラ検査
病理組織検査
約4,000円 約7,000円 約11,000円
大腸ポリープ切除
(1箇所)
約8,000円 約16,000円 約24,000円
大腸ポリープ切除
(2箇所)
約9,000円 約18,000円 約27,000円
大腸ポリープ切除
(3箇所)
約10,000円 約20,000円 約30,000円

内視鏡検査の予約はこちらから

当院では、より多くのお客様に抵抗感なく内視鏡検査を受けていただくために、さまざまな工夫を施しております。詳しくはこちらをご覧ください。

また、WEB予約にて内視鏡検査の予約を受け付けております。WEB上にて予約を取得頂くことでスムーズにご案内が可能となるため、ぜひ予約を取得してご来院ください。

各医院のご紹介Introduction

仙台消化器・内視鏡内科クリニック 泉中央院 、長町院

幅広い地域から検査や手術にお越しいただいております

泉中央院Izumichuoin Clinic

泉中央院

診療時間

 
9:00〜17:30

…9:00~14:30

住所:宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15−2 赤間総業 泉中央パーキングビル1F

                       

最寄駅:泉中央駅西口徒歩1分

長町院Nagamachi Clinic

長町院

診療時間

9:00〜17:30 - -

住所:仙台市太白区あすと長町一丁目5番40号

                       

最寄駅:長町駅東口徒歩1分