医院名:仙台消化器・内視鏡内科クリニック 住所:〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15−2 赤間総業 泉中央パーキングビル1F 電話番号:022-343-8696

医師挨拶

 
特設サイトはこちら特設サイトはこちら

 

院長挨拶 山岡 肇

院長

胃がんや大腸がんで苦しむひとを
限りなく「ゼロ」にしたい。
そんな想いから今回、
仙台の泉区で開業を決意しました。

医師になってから現在まで、
消化管がんの内視鏡治療と
救急医療に携わってきました。

早期の胃がんや大腸がん、
食道がんについては
我々内科医が内視鏡で切除し、
根治を目指せる時代になっています。
2000年前後から急速に普及した
「内視鏡的粘膜下層剥離術」のおかげです。

しかし救急車で病院へ搬送されてきた段階で、
がんが全身に広がってしまっている患者さんも
今だ多数いらっしゃるのも事実です。

病院ではカーテンを一つ隔てて
「がんが治る人」
「がんの根治が難しい人」が
同室にいらっしゃる。
医師として、
この状況を何度も見せられることほど
辛いことはありませんでした。

「先生と3年前に出会っていれば、
僕の人生は違ったものになりましたか?」
緩和ケアを担当した、
胃がんの患者さんの言葉でした。
返事も出来ず
黙って受け止めるしかありませんでした。

では、この2人の患者の差はなんなのか?

内視鏡検査を受けるタイミングの違い。

これが最も大きいと考えます。

  • ・大腸がんに至る前の、ポリープの段階で切除を行うこと。
  • ・胃がんの予防のためにはピロリ菌を除菌し、その後もきちんと内視鏡検査を行うこと。

この2点が非常に大事になります。

また内視鏡検査は今でも
「辛い検査」「痛い検査」
「苦しい検査」「恥ずかしい検査」
というレッテルが張り付いたままです。
内視鏡検査を受けることに
消極的になるのも当然です。
当院はこの負のイメージの払拭にも
取り組みたいと思っています。

経歴

平成16年3月 高知大学医学部卒業
平成18年8月 高知医療センター 消化器内科
平成21年3月 高知大学医学部附属病院 第一内科
平成25年4月 仙台厚生病院 消化器センター
(内視鏡検査・治療、セカンドオピニオン外来、緩和ケア外来を担当)

資格

日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本消化管学会 胃腸科専門医
日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
内視鏡下肥満治療(胃内バルーン留置術)トレーニングコース 修了
JMECCインストラクター
※JMECC;Japanese Medical Emergency Care Course(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)

☆座右の銘☆
薔薇を献じたる手に余香あり

☆好きな食べ物☆
ビール(IPA)・かつ丼(揚げたて)

現在、日本人女性のがんの死因の
第1位は「大腸がん」第4位「胃がん」です。

それにもかかわらず
女性の胃と大腸のがん検診受診率
約3割です。

さらには、
がん検診で精密検査が必要と診断されても
実際に内視鏡検査を受けるている方の割合
胃がん検診が約8割、大腸がん検診が
約7割です。
非常に残念な数字です。

万一、病気にかかっていたとしても、
早期で発見できれば、
内視鏡治療が可能な場合もあり、
治癒率や救命率はぐんと上がります。

女性は男性に比べ、
がん検診の受診率が低い傾向が続いています。

なぜでしょうか。
羞恥心や診察や痛みへの不安な気持ちから
受診を先延ばしにしているのかもしれません。

しかしながら…

大腸がんも胃がんも、よほど進行しない限り
強い自覚症状は現れません。

症状が軽いうちに
気軽に安心して内視鏡検査を受けて頂ける
環境を作りたいと思います。

健診で「要精査」の結果がきたとき、
お腹の症状など気になる症状のあるとき、
男性医師では話しにくいことがあるとき、
まずはご相談ください。

男性医師だと
大腸検査を受けるのは恥ずかしい・・
そんな時は、ぜひ担当させて頂きます。

女性はもちろん、男性の方も
胃がんや大腸がんで亡くなる人を
一人でも多く減らし
ゼロに近づけることを目指していきます。

資格

医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本消化器病学会 消化器病専門医
産業認定医

経歴

平成16年3月 山形大学 医学部 卒業
平成16年4月 国立病院機構 仙台医療センター 消化器内科

資格

日本内科学会 認定内科医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器病学会 専門医

☆座右の銘☆
素直・誠実

☆好きな食べ物☆
チョコレート・カレーライス・寿司

☆一言☆
当院の理念にのっとり、患者様と真摯に向きあい診療に望みます。

経歴

平成11年3月   福島県立医科大学 医学部 卒業
平成11年4月   福島県立医科大学付属病院 第2内科(現消化器内科) 
平成19年4月   公立相馬総合病院 消化器科 (副診療部長 兼 福島県立医科大学医学部臨床教授)

資格

日本内科学会 認定内科医
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 東北支部 評議員
日本消化器病学会 専門医

☆座右の銘☆
情けは人の為ならず

☆好きな食べ物☆
ラーメン・肉・刺身

☆一言☆
皆様に優しく丁寧な診療を心がけています。分からないことが有りましたら気軽にお尋ね下さい。

経歴

平成19年3月         岩手医科大学医学部卒業、医師免許取得
平成19年4月~平成21年3月 東北厚生年金病院(現 東北医科薬科大学病院 初期研修医)
平成21年4月~平成23年3月 同院 後期研修医(消化器内科)
平成23年4月~        東北大学大学院医学系研究科 消化器病態学分野入学
平成27年3月         医学博士取得、同大学院卒業
平成27年4月~        石巻赤十字病院 消化器内科
平成28年4月~        Queen Mary University of London, Clinical research fellow
平成30年4月~        同大学,Clinical lecturer
平成31年4月~        東北大学東北メディカル・メガバンク機構 消化器内科兼務 助教

資格

日本内科学会      内科認定医
日本消化器病学会    専門医
日本ヘリコバクター学会 認定医
イギリス消化器病学会  AGIP membership

☆座右の銘☆
学びは思い込みと修正の繰り返し

☆好きな食べ物☆
グラタン・お寿司・エールビール

☆一言☆
丁寧な検査と患者様へのわかりやすい説明を常に大切にして診療に臨みます。

特設サイトはこちら特設サイトはこちら