医院名:仙台消化器・内視鏡内科クリニック 住所:〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15−2 赤間総業 泉中央パーキングビル1F 電話番号:022-343-8696

新型コロナ ワクチン接種 予約についての説明

 

持参頂くもの

  • 接種券(クーポン券)
  • 住所記載のある身分証明書(免許証、マイナンバーカード、保険証など)
  • 接種証明書(注※ ワクチン2回目接種の方のみ)

上記の書類が当日にすべてそろわない場合は、ワクチン接種をお断りします。

服装の注意点

接種する部位がすぐに出せる服装でご来院ください。
接種するのは「二の腕」です。利き手と反対の腕への接種をお勧めします。
厚手の長そでなどはご遠慮下さい。

ワクチン接種会場までの経路

一般の患者さんとは受付および待合が別になります。また接種および接種後の経過観察は個室にて行いますので、安心してご来院ください。

入り口はクリニックの正面玄関ではありません。

正面の左手が入り口です。

長い廊下を奥にお進みください。

突き当り 左側の階段を下ります。

ここが受付になります。

接種の流れ

Step1検温および接種券・身分証明書の確認
Step2個室にご案内後、予診票へ記入
Step3医師による予診表のチェック(必要に応じて診察)
Step4ワクチン接種
Step5そのまま30分の経過観察
Step6次回の予約を確認して帰宅

接種後の注意点

発熱も接種部位の痛みも高い確率で起こります。特に2回目の接種後は90%以上のひとに認めたとの報告もあります。

  1. 接種の翌日はお仕事が休めるように準備をお勧めしています。
  2. 接種後は解熱鎮痛剤(カロナール)の予防内服をお勧めしています。カロナールにアレルギーの無い方は接種時に院内でお渡しすることが可能です。3日分で200円となります。

心配なことがあれば、接種時にお伝えする「専用番号」にTELをして下さい。クリニックの代表番号へ電話はお控え頂きますようお願いします。

ご予約

予約もキャンセルもwebからご自身で行うようにして下さい。お電話での対応は一切行いません。通常診療を円滑に継続するためです。ご了承下さい。

  1. ご予約はご自身でwebから行って下さい。
  2. 2回目の接種は、1回目の接種のちょうど3週間後に行います。2回目のワクチン接種日のご自身の予定を確認してから、1回目の接種予約をお願いします。
  3. キャンセルは可能な限りお控え下さい。貴重なワクチンが破棄にならないようにご協力をお願いします。  
  4. 予約を行う前に必ず下の「Q&A」をお読みください。基礎疾患によっては当日来院されてもワクチン接種をお断りする場合があります。

 

Q&A

ワクチン接種を行っている曜日や時間帯は?

平日(月~金)の15時15分から17時までです。土日および祝日は対応していません。

小児に対しての接種は必要ですか?

ワクチンの接種対象者は16歳以上です。16歳未満の方への有効性や安全性は確立していません。

ワクチンの接種が受けられないひとは?

①明らかに発熱している方②急性疾患にかかっている方③1回目の接種で過敏症が疑われた方④その他、診察時に医師が接種不適当と判断した方

ワクチンの接種を行わないケースはありますか?

①抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害のある方②過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方③心臓・腎臓・肝臓・血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方④腎機能障害のある方⑤肝機能障害のある方

※注)これらに該当する患者さんには当院ではワクチン接種を行いません。かかりつけの先生にワクチン接種をお願いして下さい。なお、当院のかかりつけ患者さんについては定期受診時に相談しましょう。

⑥過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方⑦過去にけいれんを起こしたことがある方⑧1回目の接種でアレルギーが疑われた方

※注)これらの患者さんは設備の整った病院に接種を相談してみて下さい。当院ではワクチン接種はお断りさせて頂いております。

妊娠中や授乳中のワクチン接種は安全性が確立されていますか?

現時点では「十分に安全」とするだけの情報がありません。そのため当院では妊婦さんや授乳中の方にはワクチン接種は行っておりません。

ワクチン接種の1回目と2回目の間隔が、3週間以上空いてしまった場合は、どのようにすればいいですか?

できる限り速やかに2回目の接種を受けてください。

ファイザー社のホームページにはたくさんの情報があります。参考にして下さい。

https://www.pfizer-covid19-vaccinated.jp/

厚生労働省のホームページも参考になります。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_00184.html

仙台市が公開しているQ&Aです。

https://www.city.sendai.jp/covidvaccine/faq.html

NHKの特設サイトは副反応のデータをまとめてくれています。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/vaccine/qa/detail/qa_05.html

ワクチン接種の疑問点に答えてくれるLineボット「コロワくんの相談室」というサービスがあります。現役医師が中心になって開発したとのことです。

https://page.line.me/712degpo?openQrModal=true

コロナワクチン副反応 体験記

当院 院長の体験談です。副反応への準備がいかに大切なのかが分かります。

新型コロナワクチン体験記~ワクチンの副反応は侮れない~
2021年4月10日、仙台市医師会が主催するコロナワクチン接種 講習会が開催された。
仙台市内で先行接種を行った総合病院の先生からのお話は驚くべき内容だった。

「ワクチン2回目接種の翌日は要注意、発熱するスタッフが90%」
「そのうち半数は38度以上の発熱」
「私(講師の先生)も発熱や関節痛がひどく、コロナにかかってしまったかと思ったほどだった」

それを聞いたとき、正直なところ大げさだと感じた。
「本当?ややオーバーではないかな」
「ビビりすぎな気持ちが生んだ副反応も含んでるんでしょ」

4月21日16:00、ワクチンの1回目接種を受けた。
筋肉注射もほとんど痛みがなく、接種後も当日はほとんど無症状だった。
接種の翌日には注射をした部分が触れれば違和感がある程度で、接種したことを忘れるほど軽微な症状のみであった。
「なんだ、やっぱり問題がないな」
予防的に内服していた解熱鎮痛剤(カロナール)も翌日の朝から中止にした。

5月12日16:00、ワクチンの2回目接種を受けた。
1回目と同様に筋肉注射もほとんど痛みがなく、接種後も当日はほとんど無症状だった。
しかし4月10日の講演を教訓に、解熱鎮痛剤(カロナール)の予防内服は行っていた。

5月13日の朝。 拍子抜けするぐらい無症状。なんともない。
前回同様の接種部位の軽い違和感だけ。
「なんだ、やっぱり問題がないな」
予防的に内服していた解熱鎮痛剤(カロナール)は朝から中止にした。
そのままクリニックへと出勤し、スタッフに副反応は心配ないですよと伝える。
「おーい、スタッフのみんな。怖くないよワクチン接種!」

振り返ってみると体に変調を感じ始めたのは、その日の午後だった。
首筋から肩にかけての妙な張り、腰の痛みを感じ始めた。
「気持ちの問題かな、そんなに心配はしていなかったのにな」
「疲れて精神的に弱っているのかな?らしくないな」と、気持ちの問題だろうと思っていた。
まさかこれが本格的な副反応の前触れだとは考えていなかった。

夕方になり、全身の倦怠感が少し出てきた。
17:00過ぎに同僚の医師に「今日は早めに上がらせて下さい」と、残った仕事もお願いして早めに帰路についた。 解熱鎮痛剤(カロナール)も念のため内服して。

食欲もなく、腹部の違和感もあったので、夕食は軽めに済ませた。
「ワクチンの副反応だろうな、早めに寝よう」
シャワーを浴びようと準備をしていたところ強い吐き気に襲われ、トイレに駆け込んだ。
「本当か?思っていたよりもしんどいぞ」
なんとかシャワーを済ませて、寝る準備を済ませたあたりから、次は悪寒が始まった。
そのころには首筋から肩にかけての妙な張りも強い痛みに変わっていて、腰の痛みも昼間より悪化していた。軽い頭痛も感じ始めていた。
熱を測ると、なんと38.6度。
まさにインフルエンザのときのような症状であった。

そのままベッドに倒れ込んだと言っていい。
全身の痛みや接種部位の痛みもどんどん悪化していく。
発熱のためか朦朧とする。
全身倦怠感も非常に強く、寝返りどころか腕を動かしたりすらも辛い。
本当に動けない状態だった。
その後、強い悪寒と大量の発汗を何度か繰り返し、夜中になってやっと少し楽になった。

5月14日の朝。倦怠感はやや残っていたが、全身の痛みや熱はなくなっていた。

4月の講習会で聞いた「自分もコロナになってしまったのでは?」という感想は、決してオーバーではなかったんだと思い知らされた。