鳥肌胃炎

【鳥肌胃炎】

内視鏡検査(胃カメラ)のときに、胃の粘膜が、鳥の羽をむしり取ったあとの鳥の皮のように、「ぼつぼつ」がある状態に見えることがあります。

これを「鳥肌胃炎」と呼びます。

 

1962年に竹本忠良 先生から最初の報告がありました。特に若い女性に多く、その当時は「内視鏡検査(胃カメラ)によるストレスの影響」だと

思われていました。

これも今では若年者でのH.pylori感染の徴候だということが分かっています。また「鳥肌胃炎」は胃がんのリスク因子であることも判明しています。

「鳥肌胃炎」に合併し易い胃がんは、若い女性に多いこと、発生部位は胃体部、組織型は未分化型、などの特徴があります。

 

「鳥肌胃炎」が疑われた場合は、内視鏡検査(胃カメラ)で胃がんの合併を除外し、そしてH.pyloriの除菌療法を受けることをお勧めします。

各医院のご紹介Introduction

仙台消化器・内視鏡内科クリニック 泉中央院 、長町院

幅広い地域から検査や手術にお越しいただいております

泉中央院Izumichuoin Clinic

泉中央院

診療時間

 
9:00〜17:30

…9:00~14:30

住所:宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15−2 赤間総業 泉中央パーキングビル1F

                       

最寄駅:泉中央駅西口徒歩1分

長町院Nagamachi Clinic

長町院

診療時間

9:00〜17:30 - -

住所:仙台市太白区あすと長町一丁目5番40号

                       

最寄駅:長町駅東口徒歩1分