胃底腺ポリープ

【胃底腺ポリープ】

胃底腺ポリープは、胃にできるポリープでは最も多いものです。

胃体部に多発する、小さなポリープでH.pylori未感染の若年女性に認めることが多いポリープです。

組織学的には、胃底腺組織の過形成、嚢胞状拡張腺管により粘膜が隆起したものです。

腫瘍ではないため、胃がんとは関連性がないポリープです。

また、H.pyloriが未感染の方に多いわけですから、このポリープがある方は胃がんのリスクに関しては「低リスク」群となるわけです。

 

最近ではH.pyloriの除菌後、時間が経過した患者さんでも認めることがあります。

 

しかしながら、注意点もあります。家族性大腸腺腫症(familial adenomatous polyposis;FAP)という遺伝性ポリポーシスの患者さんでは、胃底腺ポリープが多発することがあります。

FAPに伴う胃底腺ポリープは、胃がんの発生母地になる可能性を考慮する必要があると言われています。

各医院のご紹介Introduction

仙台消化器・内視鏡内科クリニック 泉中央院 、長町院

幅広い地域から検査や手術にお越しいただいております

泉中央院Izumichuoin Clinic

泉中央院

診療時間

 
9:00〜17:30

…9:00~14:30

住所:宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15−2 赤間総業 泉中央パーキングビル1F

                       

最寄駅:泉中央駅西口徒歩1分

長町院Nagamachi Clinic

長町院

診療時間

9:00〜17:30 - -

住所:仙台市太白区あすと長町一丁目5番40号

                       

最寄駅:長町駅東口徒歩1分