胃の過形成性ポリープ

【胃の過形成性ポリープ】

これも内視鏡検査(胃カメラ)で、高い頻度で遭遇するポリープです。

赤い色調で「傷んだイチゴ」のような見た目のポリープです。

 

これは癌化のリスクのあるポリープとしても知られており、「過形成性ポリープの1.5~4.5%に癌が併存していた」と報告されています。

 

ここでもH.pyloriが登場します。このポリープはH.pyloriの感染が原因です。

H.pyloriによる胃粘膜の炎症やびらん(傷)や潰瘍が、修復される過程での過剰な再生によるポリープだとされています。

ですので、H.pyloriの除菌療法を行うと、胃の過形成性ポリープは消退することが分かっています。

 

治療

癌化の疑いのあるもの、サイズが大きく症状があるもの、出血の原因になるものなどは内視鏡(胃カメラ)で切除を行います。

またサイズが大きいだけの場合、最近ではまずはH.pyloriの除菌療法を選択することも多くなってきました。

各医院のご紹介Introduction

仙台消化器・内視鏡内科クリニック 泉中央院 、長町院

幅広い地域から検査や手術にお越しいただいております

泉中央院Izumichuoin Clinic

泉中央院

診療時間

 
9:00〜17:30

…9:00~14:30

住所:宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15−2 赤間総業 泉中央パーキングビル1F

                       

最寄駅:泉中央駅西口徒歩1分

長町院Nagamachi Clinic

長町院

診療時間

9:00〜17:30 - -

住所:仙台市太白区あすと長町一丁目5番40号

                       

最寄駅:長町駅東口徒歩1分