医院名:仙台消化器・内視鏡内科クリニック 住所:〒981-3133 宮城県仙台市泉区泉中央1丁目15-2 1F 電話番号:022-343-8696

潰瘍性大腸炎

 

【潰瘍性大腸炎】

原因不明の大腸の慢性炎症性の病気です。

大腸の粘膜を中心にびらんや潰瘍などを形成し、血便や下痢、腹痛やしぶり腹、発熱や体重減少などの症状が出現します。

潰瘍性大腸炎は、厚生労働省の難治性疾患克服研究事業の特定疾患に指定されている、一般的に「難病」と言われる病気のひとつです。

 

潰瘍性大腸炎は比較的若い人が発症し、30歳代にピークがありますが、どの年齢層でも発症します。最近では高齢になってから発症するケースにも遭遇するようになりました。

また1990年には2万人だった患者数は、2012年には13.4万人まで増加しており、今後も増え続けると予想されています。

潰瘍性大腸炎の根本的な原因については不明とされていますが、現時点では過剰な免疫反応が病態の中心ではないかと推測されています。

その因子として3つが想定されています。免疫応答や粘膜の再生・修復を制御する遺伝子的側面、食事をはじめとする環境因子、乱れた腸内細菌叢です。

 

診断

潰瘍性大腸炎の診断は他の病気の可能性をしっかり除外することが重要です。

症状から潰瘍性大腸炎を疑った際には、大腸カメラ(内視鏡検査)を中心に検査をすすめていきます。

 

治療

大腸の粘膜に起こっている炎症をおさえる治療を行います。

最も使用されているには5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)でしょう。

最近では血球成分除去療法(G-CAP、L-CAP)や生物学的製剤(インフリキシマブなど)など、治療効果の高い新たな治療法も開発されています。

また発病から長い時間が経過すると、大腸癌の発生もあることが知られています。

潰瘍性大腸炎に罹患してから30年で17%の患者さんに大腸癌が発生したとの報告があります。

この大腸がんはcolitic cancerと呼ばれ、早期での発見が難しいことでも知られています。

ここでも定期的な大腸カメラ(内視鏡検査)は必須と言えます。